So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

パニック症候群とは [パニック症候群の基礎知識]

パニック症候群は、パニック障害とかパニック発作とかとも呼ばれています。
今の日本では、パニック症候群の症状を発症している人が決して少なくないのが現状です。

パニック症候群は、100人に2、3人の割合でかかると言われていますから、人ごとではないことがわかります。

女性と男性では、女性患者の方が、男性よりも倍もいるといわれています。
パニック症候群になりやすい年齢は、20代後半から30代前半の年齢層が一番かかりやすいのですが、
10代から50代を過ぎても、パニック症候群を発症する人は多いと言われています。

パニック症候群は遺伝的な原因もあるのではないかと考えられていて、
パニック症候群の患者がいる家族の他のメンバーもかかりやすいとも言われています。


パニック症候群による症状をパニック発作と言いますが、息が詰まってしまったり、息が突然できなくなったり、動悸が激しく、冷汗が突然出るなどの症状が出ます。中には手足が震えて、めまいを伴い、吐き気がする人もいます。

パニック症候群の発作は、いつ起きるかわかりませんし、前回起こった発作がトラウマになり、それがきかっけで、パニック症候群を再発してしまう人もいます。


⇒最短9分でパニック障害を克服!?
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。